# profile

## 基本情報

| 項目名 | 内容 |
| --- | --- |
| 名前 | 菅原 浩 |
| 名前の読み方 | すがわら ひろし |
| 性別 | 男性 |
| 生年月日 | 1989.07.05 |
| ブログ | [http://blog.5000164.jp](http://blog.5000164.jp) |
| GitHub | [https://github.com/5000164](https://github.com/5000164) |
| Twitter | [https://twitter.com/5000164](https://twitter.com/5000164) |
| Wantedly | [https://www.wantedly.com/users/13822677](https://www.wantedly.com/users/13822677) |

## 特記事項

- 現在無職につき求職中
- あと半年ほどしか働けない状態であり長期的なコミットが難しい
- 雇用形態は業務委託でもアルバイトでもなんでも構わない
- 勤務地は東京のみ

## 自己紹介

1989 年生まれ。  
宮城県仙台市出身。  
小・中学生の時にゲームが好きでゲームを作ってみたいと思い、仙台電波工業高等専門学校 情報工学科に入学。  
4 年生の時に産学連携による授業のことを知り応募。  
本気を出すことの楽しさ、チームとしての価値を教えてもらう。  
5 年生の時に一念発起し、卒業研究で賞を受ける。

卒業後はプログラマーとして IT 会社に就職。  
技術力向上や作業効率向上のために技術情報の共有、社内での発表、 BGM の試験運用、技術書コーナーの設置などの活動を自ら行う。  
しかし理想と現実のギャップをうまく処理できずに退社。  
しばらく悩みながら仕事をしない期間を過ごす。  
その結果貯蓄がなくなり、お金を稼ぐために自分の価値を見つめ直し、再度プログラマーとなる。  
時間を置いてプログラミングに触れることで、自分にはプログラミングが合っていることを認識する。

その後、安定的に不安定の思想のもとにさまざまな職場を経験する。  
チームとしての価値を最大化するということを意識しながら、リスペクトを持ってさまざまなチームに関わってきた。

## アピール

### 価値のあるコードを書くことができる

仙台高等専門学校 情報工学科にて専門的な知識を身に付けた後、プログラマーとして約7 年の経験を積んできました。  
ユニットテスト、エンドツーエンドテストを書いた経験や、パフォーマンスを向上させるコーディングの経験があり、価値を提供できるコードを書くことができます。

### チームの一員になることができる

今まで経験した 7 社はどの会社も違う文化を持っていましたが、チームメンバーといい関係を築くことができました。  
相手を尊重することを意識しながら意見のやりとりなどのコミュニケーションを行うことができます。  
サービスの価値を高めるためにチームとして向き合っていくということを重要視しています。

### 現時点で足りないものは成長することで補うことができる

今までも安定的に不安定という価値観のもとにさまざまなチャレンジを行ってきました。  
新しい人に出会うことで新しいことを学び、普段からの自己学習や勉強会への参加などによって繰り返し自分を高めることに成功しており、自分に足りないものは自ら成長して補っていくことができます。

### 価値を生み出していくために

私はチームとしてサービスの価値を生み出していくことに興味があります。  
Scala を使うことでより価値を高めることができると考えています。  
理由は、 Web アプリケーション開発に使用される関数型言語の中でも実績があり、型の表現力も高く、 Java の資産を生かすこともできるためです。

サービスの価値を高めるということを考えた時に、メンテナンスのしやすさ、スケールのしやすさが重要となり、それを支える手法としてテストがあります。  
テストの勉強をしていく中で、副作用という概念を知り、関数型言語に興味を持ちました。  
関数型言語を勉強しているうちに、どこでどのような副作用を残すかを意識することがメンテナンスのしやすさにつながるのではないかと考えました。  
また、今までの仕事では主に PHP を使ってきましたが、コードが大規模になるほどメンテナンスが難しくなると感じていました。  
原因のひとつには型の表現力の弱さがあると考えています。

上記の理由により、価値を生み出していくために、実績のある関数型言語であり型の表現力が高い Scala に関わっていきたいと考えています。

## 興味がある分野

- テスト
- Scala
- チームビルディング

## 最近の活動

- 転職活動中
    - 自分のスキルや経歴などの棚卸しをした
    - 現在は会社に申し込んでいるところ
- 心理学の本を読んで勉強した
    - [Amazon.co.jp: 不合理 誰もがまぬがれない思考の罠100 eBook: スチュアート・ サザーランド, 伊藤 和子, 杉浦 茂樹: Kindleストア](https://www.amazon.co.jp/dp/B00JRQJUYU)
    - [その判断は合理的か? - 本「不合理 誰もがまぬがれない思考の罠100」の感想 | 5000164 is here](http://blog.5000164.jp/2017-11-irrationality/)
- N予備校 に登録してサーバーサイドプログラミングを入門から復習中
    - [N予備校 プログラミングコース](https://www.nnn.ed.nico/pages/programming/)
    - サーバーサイドプログラミングの入門が終わったら Scala を使った大規模 Web アプリコースを勉強する予定
- SOFT SKILLS, 実践テスト駆動開発, Scalaスケーラブルプログラミング を読んでいる
    - [SOFT SKILLS ソフトウェア開発者の人生マニュアル | ジョン・ソンメズ, 長尾 高弘, まつもとゆきひろ | 工学 | Kindleストア | Amazon](https://www.amazon.co.jp/dp/B01GDS0994)
    - [実践テスト駆動開発 (Object Oriented SELECTION) | Steve Freeman, Nat Pryce, 和智 右桂, 高木 正弘 |本 | 通販 | Amazon](https://www.amazon.co.jp/dp/4798124583)
    - [Scalaスケーラブルプログラミング第3版 | Martin Odersky, Lex Spoon, Bill Venners, 長尾 高弘, 羽生田 栄一, 水島 宏太 | 工学 | Kindleストア | Amazon](https://www.amazon.co.jp/dp/B01LYPRFI7)
- Scala で Slack Bot を作っている
    - Twitter に投稿できるようにしたところ
- 英語の勉強をしている
- ポモドーロテクニックを使い始めた

## 学歴

| 入学 | 卒業 | 学校名 | 学科 |
| --- | --- | --- | --- |
| 2005.04 | 2010.03 | 仙台高等専門学校 | 情報工学科 |

## 職歴

| 開始 | 終了 | 会社名 | 内容 | 契約 | 勤務地 |
| --- | --- | --- | --- | --- | --- |
| 2010.03.29 | 2013.05.20 | 株式会社アート・システム | プログラマー | 正社員 | 仙台 -> 東京 -> 仙台 |
| 2013.06.17 | 2013.10.31 | 株式会社時空間 | ネットショップ運営補助 | アルバイト | 仙台 |
| 2014.02.26 | 2014.06.25 | 株式会社エクシオジャパン | プログラマー | 派遣社員 | 仙台 |
| 2014.07.07 | 2014.10.06 | 株式会社AppRuns | プログラマー | 派遣社員 | 仙台 |
| 2014.11.04 | 2015.03.31 | 株式会社OURSYS | プログラマー | SES | 東京 |
| 2015.05.07 | 2017.03.31 | 株式会社インフィニットループ | プログラマー | SES | 札幌 |
| 2017.04.10 | 2017.10.31 | 株式会社ミラボ | プログラマー | 正社員 | 東京 |

## 資格

| 取得年月 | 資格名 |
| --- | --- |
| 2007.09 | 普通自動車運転免許 |
| 2011.12 | 応用情報技術者 |
| 2011.12 | 色彩検定 3 級 |
| 2015.07 | 普通自動二輪車免許 |

## 個人制作物

### Slack bot

#### 技術要素

- Scala
- ScalaTest
- Mockito
- Unit testing
- TDD
- Git

#### 関連リンク

- [Scala で Slack bot | 5000164 is here](http://blog.5000164.jp/2017-11-slack_bot/)

### LINE Bot

#### 技術要素

- Python
- AWS Lambda
- Amazon API Gateway
- LINE

#### 関連リンク

- [AWS Lambda の Python 3.6 で LINE Bot を動かす | 5000164 is here](http://blog.5000164.jp/2017-08-line_bot/)

### オセロゲーム

#### 技術要素

- Scala
- ScalaTest
- libGDX
- Unit testing
- TDD
- Git

#### 関連リンク

- [5000164/libgdx-othello](https://github.com/5000164/libgdx-othello)

### Coubic 予約ブロックツール

#### 技術要素

- JavaScript
- Chrome Extension

#### 関連リンク

- [Coubic の予約をブロックする拡張機能を作った | 5000164 is here](http://blog.5000164.jp/2015-11-coubic/)

### 空白改行削除ツール

#### 技術要素

- HTML
- CSS
- JavaScript

#### 関連リンク

- [空白と改行を削除するツールを作った | 5000164 is here](http://blog.5000164.jp/2013-10-space_delete/)
- [HTMLとCSSとJavaScriptで空白と改行を削除するWebアプリを作ったので詳細説明します | 5000164 is here](http://blog.5000164.jp/2013-11-space_delete/)

### ブログ

#### 技術要素

- VPS
- Scientific Linux
- PHP
- WordPress
- HTML
- CSS
- JavaScript

## プロジェクト

| 開始 | 終了 | プロジェクト名 | 内容 |
| --- | --- | --- | --- |
| 2009.10 | 2010.03 | ギターの音高・弦推定 | 録音したギターの音に信号処理を行い、音高の推定と演奏時に使用した弦の推定を試みた |

## 登壇歴

| 発表日 | イベント | 資料 |
| --- | --- | --- |
| 2013.01.17 | 社内勉強会 | [「ソフトウェア開発とデザイン -デザインとは-」という題で社内で発表しました | 5000164 is here](http://blog.5000164.jp/2013-01-software_design_design/) |

## 受賞歴

| 受賞年 | 内容 |
| --- | --- |
| 2010 | 卒業研究を評価する賞 |

## スキル

### 言語

| 項目名 | 内容 |
| --- | --- |
| PHP | 長い間業務で使用した経験がある |
| Python | 業務で使用した経験がある |
| C# | 業務で使用した経験がある |
| Java | 業務で使用した経験がある |
| JavaScript | 業務で使用した経験がある |
| Go | シンプルなモック用の API サーバーを書くことができる |
| Scala | 簡単なオセロゲームを書くことができる |
| SQL | 業務で使用した経験がある |
| HTML | タグを使い分けながら適切なマークアップができる |
| CSS | 基本的なデザインはスタイルできる |

### フレームワーク

| 項目名 | 内容 |
| --- | --- |
| FuelPHP | 業務で使用した経験がある |
| Django | 業務で使用した経験がある |
| ASP.NET Core | 業務で使用した経験がある |
| 社内フレームワーク | 複数の社内フレームワークについての経験がある |

### ミドルウェア

| 項目名 | 内容 |
| --- | --- |
| MySQL | EXPLAIN を見ながら性能を意識することができる |

### ツール

| 項目名 | 内容 |
| --- | --- |
| Git | branch, tag, stash を理解して使うことができる |
| Docker | コンテナーで環境を構築して手元での開発やサーバーに使用した経験がある |
| Vagrant | チームメンバーの環境がずれないように構築して共有した経験がある |
| New Relic | 業務で使用した経験がある |
| Amazon Web Services | EC2, RDS の設定や CloudWatch での調査が行える |

### 運用

| 項目名 | 内容 |
| --- | --- |
| イシュートラッカー | 業務で使用した経験がある |
| 文書化 | 作業手順や調査内容などを Wiki や社内ブログに積極的に残す |

### 経験

| 項目名 | 内容 |
| --- | --- |
| サーバーサイド | 6 年ほどの実務経験があり、さまざまな問題や環境に対応してきた実績がある |
| 負荷対策 | ユーザーの同時操作による負荷をチームで改善した経験がある |

### その他

| 項目名 | 内容 |
| --- | --- |
| チャットコミュニケーション | すばやく反応する、絵文字を使う、言葉足らずにならないようにする、リスペクトを持って接する、などを意識してコミュニケーションできる |
| 口頭コミュニケーション | 自分の意見を伝えることができ、わからないことは聞くことができる |
| コードレビュー | 業務で多くのコードをレビューしてきた経験がある |
| 管理コストが安い | 目的を理解して自分から動くことができる |

## 働く環境に求めているもの

### 必ず欲しい

| 項目名 | 内容 |
| --- | --- |
| Mac | 使い慣れているため |
| 外部モニター x 2 or 4K モニター x 1 | 作業効率向上のため |
| 作業しやすい椅子 | 椅子は個人で持ち込むのが難しいため |
| 自由な服装 | 私服の方が作業がしやすいため |
| 音楽を聴いていい | 集中したい時や、気分転換したい時があるため |
| ユニットテスト | メンテナンスのしやすさのため |
| 罪を憎んで人を憎まずの文化 | チームとして物事にあたっていくため |
| コードレビューの文化 | コードをよりよくする意識のため |
| CI の文化 | 自動化の意識のため |
| パフォーマンス計測 | 価値を計測するため |
| アジャイル | ウォーターフォールを避けるため |
| Excel は適切な画面でのみ使用する | Excel を無理に使用することを避けるため |
| 情報共有の文化 | 情報をオープンにすることがチームの価値を高めると考えているため |
| 透明性の高い文化 | 信頼関係を築くため |
| プログラマーやテクノロジーに対しての理解とリスペクトがある社長 (上司) | 社長 (上司) の考えが文化に反映されると考えているため |

### できれば欲しい

| 項目名 | 内容 |
| --- | --- |
| いい椅子 (目安は 8 万円以上かどうか) | 健康のため |
| ウォーターサーバー | 楽なため |
| 一部リモート勤務 | 午前中だけリモート勤務などができると生活しやすくなるため |
| フレックス勤務 | 電車が混んでいる時間を避けるため |
| GitHub | 使いやすいため |
| Slack | 使いやすいため |
| 自分よりも優れている人 | 成長するため |